乾燥いかを踏みつけ、韓国の食品加工業者を摘発

乾燥いかを踏みつけ、韓国の食品加工業者を摘発

 食品加工メーカーの作業員が乾燥したいかを踏みつける動画がネットで話題だ。韓国食品医薬品安全処がこの業者に対して立ち入り調査を行ったところ、食品衛生法に違反していることが分かり、管轄の官庁に行政処分を依頼した。食品医薬品安全処が10日に明らかにした。

【写真】乾燥したいかを踏みつける作業員たち

 今月8日にあるネットサイトに「非衛生的に乾燥したいかの作業を行う会社を告発する」という書き込みと共に27秒の動画がアップされた。動画には作業員が床に乾いたいかを敷き詰め、白いスリッパを履いた状態でぎゅうぎゅうに押し付ける様子が映し出されていた。食品医薬品安全処が動画に出てきた商品の段ボールからこの業者を追跡したところ、慶尚北道ヨンドク郡江口面の乾燥いか包装・流通会社「農漁村フード」であることを確認した。

 食品医薬品安全処によると、今回摘発された業者は映像に出てきたように乾燥場で乾いたいかをざるに入れて運ぶ際に特別な衛生対策を取らず、また丸い状態のいかを作業場用の履き物を履いた状態で踏みつけて平たくするなど、食品を非衛生的に取り扱った。また作業員は基本的に着用が義務づけられている衛生キャップやマスクなども使用せず、作業場に集まってラーメンを食べるなど清潔さを守る義務も怠っていたことが分かった。

 この業者による違反行為は昨年10月26日から今月8日まで続いた。しかしこの期間に生産された約3898キロのスルメは全て倉庫に保管中で、今のところ流通していないことが分かった。食品医薬品安全処はこの業者が保管している商品は全て自己回収するよう措置を下したと説明した。

キム・ギョンウン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 乾燥いかを踏みつけ、韓国の食品加工業者を摘発
  • 乾燥いかを踏みつけ、韓国の食品加工業者を摘発

right

関連ニュース
あわせて読みたい