【独自】現代自「コナEV」の火災事故、バッテリーからの出火ではなかった

バッテリー製造のLGエナジーソリューションより現代自側の責任重い可能性

【独自】現代自「コナEV」の火災事故、バッテリーからの出火ではなかった

 11日に発生した現代自の小型電気自動車「コナ・エレクトリック(EV)」の火災事故で、出火の原因がバッテリーではない可能性があると調査当局が判断したことが分かった。コナEVは過去にも数件の火災事故が起きているが、これまで原因はバッテリーの欠陥だと考えられていた。

 韓国自動車安全研究院(KATRI)は12日、忠清南道泰安郡で前日に発生したコナEVの火災事故に関連し、消防当局およびメーカーと共に調査を進めていると明らかにした。KATRIは火災原因について、バッテリーではないとみている。研究院は前日、現場の鑑識を実施し、バッテリーからは火が出ていなかったことを確認した。これまで発生したコナEVの火災事故のうち、バッテリーから火が出ていないケースは今回が初めてだ。

 出火した車両は2020年式のモデルで、昨年9月のリコール(回収・無償修理)でバッテリーの交換を終えていた。現代自はこれまでLGエナジーソリューションのバッテリーを搭載したコナEVで数件の火災事故が起きたことから、昨年3月からバッテリー供給社と共に1兆4000億ウォン(約1360億円)を投じて大規模リコールを実施している。

 業界では、研究院の調査結果次第で火災の責任の所在が変わってくる可能性があるとみている。バッテリーのリコールが完了していることに加え、出火した部分がバッテリーではないため、バッテリー管理システム(BMS)や電装が原因の可能性があるというわけだ。この場合、バッテリーメーカーのLGエナジーソリューションよりも、車を製造した現代自側の責任がより重くなる可能性がある。

 端靖大自動車学科のパク・チョルワン教授は「バッテリーから出火していないのなら、電気・電子機器など一般車両でも問題になる部分で発火した可能性がある」として「今回の火災はこれまでのコナEVの火災とは異なり、もう少しスムーズに調査できるかもしれない」と述べた。

ミン・ソヨン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【独自】現代自「コナEV」の火災事故、バッテリーからの出火ではなかった

right

関連ニュース
あわせて読みたい