尹錫悦候補の対北先制攻撃論を批判した李在明候補に韓国野党「文在寅政権の国防白書にもある」

与党は北朝鮮の挑発に対して公式の立場を表明せず

 北朝鮮は12日、極超音速ミサイル発射について「最終試験大成功」として実戦配備まで予告したが、韓国与党・共に民主党はこの日、党としての正式な立場は表明しなかった。しかし選挙を控えた李在明(イ・ジェミョン)候補は会見を開き「繰り返される安保理決議違反を強く糾弾する」「選挙局面での北側によるこのような行為は果たしてどちらの陣営に有利になるのか」と指摘した。

 李候補はこの日、汝矣島の党本部で会見を開き「北朝鮮による国連安保理決議の繰り返される違反行為を強く糾弾する」とした上で「北朝鮮は韓半島の平和に脅威となる行動を直ちにやめるべきだ」と述べた。李候補はさらに「とりわけ(北朝鮮による挑発行為が)選挙期間に繰り返し発生している点も指摘せざるを得ない。過去の銃風事件、北風事件を思い出す」「選挙の局面での北側によるこれらの行為が果たしてどちらの陣営に有利になるか、考えれば答えは出る」とも指摘した。

 保守系野党・国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補は前日「核を搭載した極超音速ミサイルが発射されれば、先制攻撃以外にこれを防ぐ方法はない」と発言したが、これについて李候補は「戦争挑発の危険な主張だ」と批判した。李候補は「世界のどの指導者も先制攻撃を軽々しく口にしない」「何か火薬庫の中で火遊びする子供を見ているような不安に駆られる」と批判した。その一方で尹候補に対し「国民の安全と国の経済のために今からでも先制攻撃発言を撤回するよう要請したい」と求めた。

 これに対して尹候補はこの日「北朝鮮のミサイル攻撃に対する『キル・チェーン、KAMD(韓国型ミサイル防衛システム)、KMPR(大量膺懲〈ようちょう〉報復)』の3段階の3軸システムについて話したことだ」として発言を撤回する考えがないことを明確にした。キル・チェーンとは北朝鮮の核ミサイル攻撃を探知した際に先制攻撃を行うシステムのことで、現在の韓国軍作戦計画にも「戦略的打撃体系」という名称で残っている。国民の力の李俊錫(イ・ジュンソク)代表も「先制攻撃(preemptive strike)は戦術的に正しい」と主張している。脅威の根源を事前に除去するための「予防攻撃(preventive strike)」とは異なるということだ。国民の力は「先制攻撃は文在寅(ムン・ジェイン)政権の国防白書にも出てくる作戦概念だ」「国民を本当に不安にさせるのは北朝鮮の核・ミサイルを前に沈黙する政府・与党だ」と指摘した。

 中道系野党・国民の党の安哲秀(アン・チョルス)候補はこの日、在郷軍人会を訪問し「わが国の国防部(省に相当)になのかそうでないのかさえ分からない」と述べ、韓国国防部よる北朝鮮ミサイルの過小評価を批判した。安候補は「あえて『極超音速ミサイルではないかもしれない』などと逆に北朝鮮を擁護するのを見ると、本当に惨憺(さんたん)たる思いを禁じ得ない」と批判した。

趙儀俊(チョ・ウィジュン)記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい