韓国与党「故人は音声記録ねつ造疑惑の当事者…李在明候補と無関係」 野党「これで3人目の死亡者…背筋が凍る」

 韓国与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領選候補は、自身をめぐる「弁護士費用肩代わり疑惑」をメディアに初めて情報提供したイという人物の遺体が発見されたことに関して、「遺憾に思う。ご冥福をお祈りする」と12日に述べた。だがその一方で、李在明候補は「私の見解は選挙対策委員会発表を参照してほしい」とも言った。これより前、共に民主党選挙対策委員会は「李在明候補は故人と何の関係もない」「(死亡した)イ氏は『肩代わり音声記録ねつ造疑惑』の当事者だ」と述べた。イ氏が李在明候補弁護士費用肩代わり疑惑の根拠として提示した音声記録はねつ造された可能性があるという意味だと受け止められている。しかし、国民の力などの野党は「李在明候補の間接殺人」「背筋が凍る」として、李在明候補に対する徹底した捜査を求めている。国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領選候補は「故人の死が無念の死にならないようにしなければならない」と述べた。

 国民の力の金起ヒョン(キム・ギヒョン)院内代表は同日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「フェイスブック」に「大庄洞開発事業不正疑惑に関わって取り調べを受けたユ・ハンギ元城南都市開発公社開発事業本部長、キム・ムンギ元開発1処長に続き、(李在明候補疑惑に関連した人物として)これで3人目の死亡者」「これでは李在明候補は大統領選候補の資格がない。李在明候補は『間接殺人』の政治的・道義的責任を取って、候補を直ちに辞退せよ」と投稿した。国民の力の李俊錫(イ・ジュンソク)代表も「李在明候補がこの方(死亡したイ氏)についてどんな言葉を発するのか期待もしていない。見守って、憤りましょう」と述べた。金起ヒョン院内代表ら国民の力所属議員約20人は同日午後、ソウル市瑞草区の大検察庁庁舎を訪れ、「大庄洞開発事業と関連して謎の死が相次いでいるのに、検察は本当の『核心的な捜査』はしていない」と抗議した。尹錫悦候補は記者らに会って、「故人のご冥福をお祈りする」「(故人の)ご家族も検察で徹底的に事情聴取し、無念の死にならないようにしなければならないと思う」と語った。尹錫悦候補の関係者は同日、イ氏の祭壇に同候補名義で弔旗(弔意を表した人の名が書かれた小さな旗)を送った。

 正義党選挙対策委員会の張恵英(チャン・ヘヨン)首席報道官は「偶然の連続だと見るには実に不気味でゾッとする偶然だ」「死の色が濃く影を落としているこのような疑惑を引きずって大統領になろうと大声を張り上げるのは正義でも常識的でもない」と述べた。国民の党選挙対策委員会のアン・ヘジン報道官は「李在明候補にかかわった人々が死亡したというニュースに背筋が凍り、鳥肌が立つほどだ」と語った。

 しかし、共に民主党選挙対策委員会広報団は同日発表した見解文で、「国民の力は故人の死に関連して根拠のない主張を展開している」「(イ氏の)正確な死因が明らかになるまで、いかなる政治的攻勢も自制するよう促す」と述べた。共に民主党選挙対策委員会のキム・ウヨン報道官は記者会見で、「国民の力は警察の捜査が終わっていない状況で『他殺』『間接殺人』うんぬんしている」「真実には関心がなく、ひたすら与党(の大統領選)候補に結びつけようとする卑劣な行動だ」と批判した。

キム・ヒョンウォン記者、キム・スンヒョン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲野党・国民の力の金起ヒョン(キム・ギヒョン)院内代表 写真=国会写真記者団

right

関連ニュース
あわせて読みたい