韓国の公共清廉性指数 世界18位=アジアでは最高位

【ソウル聯合ニュース】韓国国民権益委員会は13日、欧州腐敗防止・国家建設研究センター(ERCAS)がこのほど発表した2021年版の公共清廉性指数(IPI)のランキングで、韓国は調査対象114カ国のうち18位、アジアでは最高位を記録したと伝えた。

 独ベルリン所在のERCASは欧州連合(EU)の支援を受け、各国の司法制度の独立性、言論の自由、行政・予算・市場における腐敗の可能性の統制度合いなどを評価し、15年から隔年でIPIランキングを発表している。

 韓国の順位は15年が23位、17年が24位、19年が20位で、21年は過去最高の18位に上昇した。アジア諸国では最も高い。アジアでは韓国に次いで日本が22位、マレーシアが40位、タイが41位、フィリピンが52位などとなった。

 全賢姫(チョン・ヒョンヒ)国民権益委員長は「政府は今後も一貫した腐敗防止政策の改善と実行に努めていく」とコメントしている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい