【解説】ヘギョン宮金氏事件

 「ヘギョン宮金氏」というツイッターのアカウントのユーザーが2018年4月、民主党の京畿道知事候補党内予備選で当時、李在明(イ・ジェミョン)候補のライバルだった全海澈(チョン・ヘチョル)・現行政安全部長官に関する虚偽事実を公表したほか、16年11-12月に文在寅(ムン・ジェイン)大統領の息子、文ジュンヨン氏の韓国雇用情報院への優遇採用疑惑などに関する投稿を行い、ジュンヨン氏の名誉を毀損したとされる事件。李候補の妻、金ヘギョン氏が「ヘギョン宮金氏」というアカウントの持ち主かどうかが争点となった。警察は「金ヘギョン氏のアカウントで間違いない」とし、起訴相当意見で送検したが、水原地検は「証拠不十分」を理由に嫌疑なしとした。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい