李在明候補「暴言は過ち、人徳が足りなかった」 演説中に涙も

 韓国大統領選に与党共に民主党から出馬する李在明(イ・ジェミョン)候補は24日、地縁が深い京畿道を訪ね、「完全に新しい政治で応えたい」と訴えた。「京畿道1号公約」を発表する場ではひざまずいて謝罪し、幼少期を過ごした城南市では家族史や兄嫁への暴言などについて説明し、終始涙を流した。支持率が一定範囲内で伸び悩む状況で、「反省」と「泣訴」で支持率の反転を図る戦略とみられる。

【写真】京畿道選出の民主党議員とひざまずいて謝罪する李在明候補

 李候補は京畿道竜仁市で首都圏交通公約を発表する直前、「謝罪の言葉を表する」としてひざまずく予定外の行動を取った。李候補は「ちょうど新年であり、歳拝(新年のあいさつ)と謝罪の気持ちを兼ね、これからは『今までとは完全に違う新しい政治で応える』という覚悟を表現しようかと思う」と述べ、京畿道選出の民主党議員とともにひざまずいた。そして、「民主党が『ネロナムブル』(自分がすればロマンス、他人がすれば不倫=身内に甘く、身内以外に厳しいこと、ダブルスタンダードの意)だというお叱りがあるが、間違った言葉ではないと思う。我々には誤りが多いが、果たして大韓民国が未来に向かうのか、再び過去に逆戻りするのか、国民の判断を心から求めたい」と語った。李候補は昨年11月にも尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補の支持率が急上昇した時期に甥の殺人事件の弁護を行っていた問題で世論が悪化し、同様にひざまずいて謝罪している。

 李候補は京畿道1号公約で、広域急行鉄道(GTX)路線に新規路線を追加するなど、「首都圏30分台生活圏」を実現すると発表した。仁川とソウル、抱川を結ぶ路線と坡州からソウル、利川をつなぐGTX路線を新設し、京畿道民の職住近接性を高める趣旨だ。盆唐、一山、坪村など1期新都市については、特別法をつくり、再建築・再開発の安全診断基準、リモデリングの安全性検討基準などの規制を緩和するとした。

 李候補は京畿道での日程で終始、自身が城南市長、京畿道知事として在任中の成果を広報することに注力した。李候補は驪州市に移動し、ソルロンタン(牛肉・牛骨のスープ料理)専門店や餅ケーキ店の経営者と共に出前アプリ「京畿道配達特急」で注文したソルロンタンで昼食を取った。京畿道配達特急は李候補が京畿道知事を務めていた当時、「配達の民族」「クーパンイーツ」などの配達アプリ業者が手数料で暴利を上げるのを防ぐ狙いで道の予算を投入して導入した公共配達プラットフォームだ。李候補は「私が大統領になれば、配達特急を全国化する」と述べた。

 しかし、城南市長時代の「最大の治績」として強調してきた大庄洞開発の現場は訪れなかった。代わりに大庄洞事業が自分とは無関係だという点を強調し、野党国民の力を「悪どい人たち」「ノミにも体面がある(ノミでさえ体面があるのに、人間ならばなおさら体面がなければならないという慣用句)」などと強く批判した。李候補は利川市中央路文化の通りで行った演説で、郭尚道(クァク・サンド)元国民の力議員、朴英洙(パク・ヨンス)元特別検事などいわゆる「50億クラブ」に言及し、「ノミにも体面がある。この不正な開発利益を山分けしたのは誰なのか」と述べた。また、釜山貯蓄銀行が2009年、大庄洞開発の民間業者に巨額の融資をあっせんした疑惑に触れ、「肝っ玉が大きいのか。狂ったのか」と語った。楊平郡に移動後にも「大庄洞(疑惑)でどれほど悔しいか、血を吐くほどだ」と話した。大庄洞開発の民間事業者を「山賊の群れ」「泥棒」とも表現した。

 李候補は政治的な故郷である城南市では個人の経歴と家族を巡る論争について釈明するのに大半の時間を割いた。30分の演説では終始涙を流した。李候補は同市上大院市場での即席演説で、「ここが李在明とその家族が生計を営んでいた場所だ。ここまでやって来たが傷跡があまりに多い」と泣いた。李候補は慶尚北道安東市出身だが、10代の時代を家族と共に城南市で暮らした。李候補は兄嫁に対する暴言疑惑について、「(兄が)母の家に火をつけると脅迫し、母が私に先に電話してきた。それが始まりだった。(兄夫妻が)母をどこをどうかしてやると人間として言ってはならない残酷な話をした」と指摘。その上で、「私にとって母は天(のような存在)だったのに、なぜそんなことを言ったのかと言うと、『哲学的表現も理解できないのか』と言うので罵倒した」と経緯を語った。李候補は「私が暴言を吐いたのは誤りだった。人徳が足りなかった」とし、「こんな問題で家族につらい傷をほじくらないでほしい」と訴えた。

チュ・ヒヨン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲共に民主党の大統領候補、李在明氏が24日、京畿道城南市の上大院市場での街頭遊説で涙をふいている。/国会写真記者団
  • 李在明候補「暴言は過ち、人徳が足りなかった」 演説中に涙も

right

関連ニュース
あわせて読みたい