韓国代表団が林外相と面会 「協力強化」で一致

【東京聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領が日本に派遣した「政策協議代表団」は25日午前、林芳正外相と面会した。団長を務める鄭鎮碩(チョン・ジンソク)国会副議長は面会後、記者団に「両国は自由民主主義、市場経済の価値を共有し、未来の課題を共有する善隣国家として協力関係を緊密に維持、強化していかなければならないということで一致した」と述べた。

 また、「懸案問題については真摯(しんし)な対話を通じ、望ましい結論に到達するための努力を傾けようと話した」と伝えた。

 鄭氏は今回の訪問が両国の懸案を巡る具体的な交渉のためのものではなく、尹氏の対日外交の基本方針を説明するためのものだと説明。日本政府が旧日本軍の慰安婦問題や日本による植民地時代の強制徴用問題について自国が受け入れられる具体的な解決策を示すよう韓国に求めていることに関しては、「われわれが日本側に提示した内容はない」と明らかにした。その上で、「外交ルートを通じ、踏み込んだ対話と交渉で結論に到達する努力をしなければならない」と述べた。

 尹氏の就任式に岸田文雄首相を招待することについては、「招待ではなく当該国が決める問題だ、万一、就任式に(岸田首相が)来れば誠意を尽くしてお迎えする準備ができている」と述べるにとどめた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい