尹大統領「金浦―羽田線の今月再開推進」 日本に隔離免除など協力要請

【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は11日、ソウルで日韓議員連盟の代表団と面会し、新型コロナウイルス感染拡大を受け、2020年3月から途絶えている金浦(ソウル)と羽田を結ぶ航空便の運航を今月中に再開するための措置を取る方針を明らかにした。

 尹大統領は「コロナによって両国国民の相互交流がたいへん萎縮した」とし、「5月中に金浦―羽田線を再開させるため、金浦に防疫施設を構築し、日本への出国者を全員検査して出国させるようにして、日本側では(韓国からの入国者が)すぐに日本で活動できるように(隔離などを)免除すれば、両国国民の交流が活発になると期待する」と強調した。 

 日本では韓国からの入国者に対し、最低3日間の自宅待機などを求めているため、短期訪問する韓国人にとって不便である点を指摘し、日本側が求める金浦―羽田線の再開に応じるので、日本側も韓国人の隔離免除に協力するよう要請したものと受け止められる。

 尹大統領が就任前の先月24日に日本に派遣した政策協議代表団は岸田文雄首相らと面会し、人的交流の活性化のために金浦―羽田線の再開、入国時の隔離免除の適用、ビザ(査証)免除の再開などを提案。これを受け、両国の外交当局は金浦―羽田線の再開などを協議してきた。 

 尹大統領は「韓日両国は最も近い隣国であり、自由民主主義的な価値と市場経済を共有する重要な協力パートナー」としながら、「停滞した韓日関係を早く復元して改善することが両国の共同利益に合致する」と述べた。

 また1998年に当時の金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相が発表した「韓日共同宣言」などを発展的に継承し、両国の友好協力関係の新たな地平を切り開くことを期待すると伝えた。

 尹大統領は就任初日の10日に行われた林芳正外相との面会に続き、2日連続で日本側要人に対し、関係改善に向けた意思を表明したことになる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい