韓国大統領室の秘書官が辞任へ 慰安婦被害者など嘲弄=新政権で初

【ソウル聯合ニュース】韓国大統領室のキム・ソンフェ宗教多文化秘書官が辞任する意向を明らかにした。大統領室が13日、明らかにした。キム氏は同性愛者や旧日本軍の慰安婦被害者を嘲弄(ちょうろう)するような発言をSNS(交流サイト)に投稿して物議を醸していた。

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権が発足してから、大統領室の秘書官が辞任するのはこれが初めて。

 キム氏は自身のフェイスブックに、「同性愛は精神病の一種」と書き込んだり、慰安婦被害者の補償要求を「花代」の請求などとやゆする文を掲載したりしていた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい