北朝鮮で35万人発熱、尹大統領「ワクチン支援可能」

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は13日、「北朝鮮の住民に新型コロナワクチンをはじめとする医薬品を支援する方針だ」と述べた。北朝鮮のミサイル挑発には「断固たる対応」という原則を守りながらも、「人道的対北朝鮮支援」とは区別するという「ツートラック(2路線)」を取るものと解釈されている。

 大統領室の姜仁仙(カン・インソン)報道官は同日、書面ブリーフィングで、「最近、北朝鮮では新型コロナの大流行で感染疑い例が急増していると言われている」「具体的な支援案は北朝鮮側と協議していく予定だ」という尹大統領のメッセージを伝えた。大統領室関係者は「北朝鮮の状況に対して我々ができることが何なのかを検討しながら、それに合った措置を取るということだ」「支援品目はワクチンをはじめ、解熱剤、鎮痛剤、マスク、診断キットになる可能性がある」と語った。今後、統一部を通じて北朝鮮側に実務的協議の提案が行われる見通しだ。権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官候補者も前日、国会の人事聴聞会で「北朝鮮が困難にひんしている部分について、我々は積極的に助ける意向がある」と述べた。

 北朝鮮では新型コロナの感染が急速に拡大し、同日の隔離者が18万人を超え、死亡者も現在6人発生していることが分かった。朝鮮中央通信は12日の一日新規発熱症状患者が約1万8000人で、現在までの隔離治療患者は約18万7800人に達すると報道した。北朝鮮はこの前日、新型コロナ感染者の発生を初めて認め、「最大非常防疫体系」に転換した。

 しかし、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報は「朝鮮の防疫強化に必要な手段は十分整い、独自の防疫体制がさらに完備された」と報じた。これについて、大統領室関係者は「北朝鮮は我々の助けを必要としない、というメッセージと見られる」「北朝鮮の意図が何なのかを見極めながら、人道的懸案に関してさらなる措置を考慮する」と述べた。また、北朝鮮の新型コロナ感染状況については、「簡単ではない。思ったより深刻だ」と語った。

 尹大統領の人道的支援メッセージが北朝鮮の挑発(ミサイル発射)の翌日に出されたということで、政界では「北朝鮮に対する人道的支援の可能性を閉ざしていないということ」という言葉が出ている。大統領室関係者は同日、「(北朝鮮の7回目の)核実験準備はできているようだ。ただし、核実験の前にさまざまな種類のミサイル実験をテストする可能性もあるのではないかとみている」と述べた。

キム・ドンハ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい