金正恩氏「建国以来の大動乱」 北朝鮮でコロナ死者急増

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は14日、全国で13日に発熱の症状がある人が約17万4400人確認され、21人が死亡したと報じた。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)が開いた党政治局の会議で、国家非常防疫司令部が報告したという。北朝鮮は12日、新型コロナウイルスの感染者が発生したことを初めて公表。封鎖措置などを取る「最大非常防疫体系」に移行したと発表している。

 北朝鮮で4月末から今月13日までに発熱の症状を訴えたのは約52万4400人。死者の累計は27人なったと報告された。発熱した人のうち約24万3630人が完治し、約28万810人が治療を受けているという。

 金正恩氏は13日の会議で「悪性感染症の流行が建国以来の大動乱になっている」と述べたうえで、防疫闘争を強化すれば危機を克服できると訴えた。

 同氏の発言は外部からの支援を受けず、自力で新型コロナに対応するとの意思表明と受け取れる。韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は13日、北朝鮮住民に対し新型コロナワクチンを含む医薬品を提供する意向があると表明したが、北朝鮮側は当面、韓国側の支援を受け入れないとみられる。

 金正恩氏は会議で改めて防疫担当者らの責任を指摘するとともに、実務者らが地域に入り対策を取るよう指示。中国共産党と人民が成し遂げた先進的かつ大きな防疫の成果と経験から積極的に学ぶよう命じた。厳しい都市封鎖措置を取る中国式の防疫政策を実施する意味と受け止められる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい