韓米首脳会談 21日午後に約90分間開催

【ソウル聯合ニュース】韓国の大統領室は18日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領とバイデン米大統領が21日午後、約90分間首脳会談を行うと明らかにした。会談はソウル市内の竜山にある新しい大統領執務室で行われる。

 金泰孝(キム・テヒョ)国家安保室第1次長によると、バイデン大統領は20日午後、2泊3日の日程で韓国を訪れる。21日に国立墓地の国立ソウル顕忠院を訪れた後、首脳会談と共同記者会見を行い、公式夕食会に臨む。

 両首脳は「経済安全保障」と「安保」をキーワードとし、1日ずつ共同日程を行うという。

 金氏はバイデン大統領の訪韓期間中に北朝鮮が挑発行為を行う可能性について、「週末までに核実験を行う可能性は相対的に低い」としながらも、「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射は迫っていると判断している」と述べた。バイデン氏の訪韓中、北朝鮮が挑発する場合は「プランB」で対応する準備を進めていると強調した。

 また、今回の訪韓は韓米同盟を包括的な戦略同盟に強化するきっかけになるとして、「軍事同盟、韓米自由貿易協定(FTA)を通じた経済同盟に続き、今回は技術同盟が追加されるのではないか思う」と述べた。

 24日に日本で開かれる米国主導の新経済枠組み「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」の発足を宣言する首脳会議には尹大統領がオンラインで参加するという。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい