北朝鮮 コロナ支援巡る韓米の提案に回答せず

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスに関する医療・防疫支援に向け、韓国が北朝鮮に実務接触を提案する通知文を送ろうとしているが、北朝鮮は16日から3日間、受け取る意思を示していない。

 韓国統一部は18日、南北が共同連絡事務所を通じ午前9時と午後5時の定時連絡を行ったが、通知文に関する言及はなかったと発表した。

 韓国は16日から新型コロナの対北朝鮮支援のため、実務接触を提案する通知文を送ろうとしている。通知文にはワクチンや医薬品、マスク、検査機器などを提供するとともに防疫技術に関する協力も行う用意があるとの内容が盛り込まれている。

 韓国政府は北朝鮮の回答を待つとの立場ではあるものの、北朝鮮が応じない場合は国際機関などを通じた間接的な支援についても検討する方針だ。

 北朝鮮は韓国だけでなく米国側の支援の提案にも反応を示していないため、韓米首脳会談で北朝鮮への新型コロナに関連した協力についての具体的な協議を行うのは難しい見通しだ。

 金泰孝(キム・テヒョ)国家安保室第1次長はこの日の記者会見で、「北がわれわれの保健分野の協力に応じるという返事をしないため、米国も北に打診したが応答がなかったと承知している」と説明した。

 また、北朝鮮の反応がないため、韓米が北朝鮮の医療・保健問題について具体的な協議をするのは難しいと思われると述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい