韓国大統領室 金正恩氏との会合「韓米首脳会談の議題にはならない」

【ソウル聯合ニュース】韓国大統領室の金泰孝(キム・テヒョ)国家安保室第1次長は18日の記者会見で、21日に行われる韓米首脳会談で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)との会談推進が議題として扱われるかについて、「現時点での北の内部状況を考えれば、韓米の首脳が北の指導者との会合を議題にする状況ではない」と述べた。

 また、韓米首脳の立場はいつでも対話の扉は開いているが、顔を合わせるだけの会合には応じないというものと説明した。そのうえで、実質的な協議ができ、相互に利益があればいつでも駆けつけるという点で一致していると付け加えた。

 金氏は、韓米が非核化の概念に対して明確に合意することができるかという質問に対し、「完全な非核化という一言に全てを盛り込み、協議を続けてきた」と説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい