19歳黄宣優、世界水泳選手権自由形200m銀メダル… 朴泰桓上回る

19歳黄宣優、世界水泳選手権自由形200m銀メダル… 朴泰桓上回る

 「競泳界の新鋭」黄宣優(ファン・ソヌ、19)=江原道庁=が世界水泳選手権の男子自由形200メートルで銀メダルを獲得した。

 黄宣優は21日未明、ハンガリー・ブダペストのドナウ・アレーナで開かれた2022国際水泳連盟(FINA)世界水泳選手権の男子自由形200メートル決勝で1分44秒47の記録を出し、銀メダルを手にした。

 黄宣優はダビド・ポポビチ(17)=ルーマニア=の1分43秒21に続き2位でレースを終えたが、昨年の東京五輪予選で自身が出した韓国記録(1分44秒62)を0.15秒縮めて新記録を作った。

 韓国の競泳選手が世界水泳選手権でメダルを獲得したのは、2011年上海大会の朴泰桓(パク・テファン)が自由形400メートルで金メダルを取って以来11年ぶりだ。自由形200メートルでは、2007年に朴泰桓が銅メダルを取ったメルボルン大会以来15年ぶりとなる。

キム・ウヨン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 19歳黄宣優、世界水泳選手権自由形200m銀メダル… 朴泰桓上回る

right

あわせて読みたい