盗作した韓国歌手ユ・ヒヨルの謝罪に原曲者・坂本龍一氏がコメント発表

盗作した韓国歌手ユ・ヒヨルの謝罪に原曲者・坂本龍一氏がコメント発表

 歌手・作曲家・プロデューサーのユ・ヒヨル氏が日本音楽界の巨匠・坂本龍一氏の曲を盗作したという疑惑を認めて謝罪したのを受け、坂本龍一氏が20日、コメントを発表した。坂本氏は「すべての創作物は既存の芸術の影響を受ける」「(ユ・ヒヨル氏の曲は)法的措置が必要な水準とは見られない」と述べた。

 ユ・ヒヨル氏は14日、所属事務所「アンテナ」のフェイスブック公式アカウントに『ユ・ヒヨルの生活音楽』プロジェクトの2番目のトラックである『とても私的な夜』と坂本龍一氏の『Aqua(アクア)』が類似しているという情報を検討した結果、曲のメインテーマが十分に類似していることに同意するに至りました」と述べた。

 『ユ・ヒヨルの生活音楽』はユ・ヒヨル氏が昨年8月から行ってきた音楽プロジェクトで、『日曜日の午後』『とても私的な夜』『夕食の約束』など8曲と演奏用楽譜集が収録されたLPが今月リリースされる予定だった。

 ユ・ヒヨル氏は「長年にわたり最も影響受け、尊敬しているミュージシャンなので、無意識のうちに私の記憶の中に残っていた同様の進行方式で曲を書くようになりました」「発表時、私の純粋な創作物と考えましたが、2曲の類似性は認めざるを得ませんでした」と認めた。

 そして、「十分に確かめず、多くの方々を失望させたことに対して謝罪の言葉を申し上げます」「何よりも坂本龍一先生とファンの方々を不愉快にさせたことに対しておわび申し上げます。長年のファンとして、坂本先生の健康状態が極めて良くないことにいっそう胸を痛めています」と謝罪した。また、ユ・ヒヨル氏はLPリリース時期を延期し、坂本氏側と連絡を取って著作権関連問題を整理すると明らかにした。

 坂本氏は20日に発表したコメントで、「私にこの件の情報を提供してくださったファンの皆様とこの件について公に語ろうとしているユ・ヒヨル氏の率直な気持ちに感謝します。両曲の類似性はありますが、私の作品『Aqua』を保護するための何らかの法的措置が必要な水準だとは思えません。そして、私の楽曲に対する同氏の大きな尊敬の念を知ることができました」と述べた。

 さらに、「私には、私が愛し、尊敬し、多くのことを学んだバッハやドビュッシーから明らかに強い影響を受けた曲がいくつかあります。しかし、私は自分のことをバッハやドビュッシーと同じレベルだと見ているわけではないので、誤解なさらないでください」と書いた。

 その上で、「すべての創作物は既存の芸術の影響を受けています。(責任の範囲内で)そこに自身の独創性を5-10%程度加味するとしたら、それは素晴らしいことですし、感謝すべきことです。それが私の長年の考えです」「私は今も私が作るすべての音楽で、独創性の割合を高めるために最善を尽くしていますが、容易ではありません。ですが、それがまた芸術を美しくすることだと思っています」と述べた。そして最後に坂本氏は「ユ・ヒヨル氏のニューアルバムと同氏のご幸運をお祈りします」と書いてコメントを締めくくった。

キム・ソジョン記者


<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 盗作した韓国歌手ユ・ヒヨルの謝罪に原曲者・坂本龍一氏がコメント発表

right

あわせて読みたい