バスケ:MVP受賞しても笑顔がなかったSKホワイト
 韓国男子プロバスケットボールリーグ「ソウルSKナイツ」のシューティングガード、テリコ・ホワイト(28)は原州DBプロミとのチャンピオン戦6試合で両チームの選手中、最も長い平均36分間出場し、25点、7.5アシスト、5.3リバウンドを記録した。優勝が決まった第6戦も試合最多の22点を入れた。ホワイト.....記事全文