【萬物相】盗作

2022/06/26 18:32

 小説家キム・ギョンウクの短編『千年女王』は、独創的な作品の執筆の難しさを打ち明けた作品だ。主人公は、小説を書き上げるとまず妻に見せるのだが、いつも「他人が書いた作品を写してるみたい」と責められる。実際には写してなどいない。大変な読書家の妻は、既存の作品の中から類似性を見つけ出して「独創的ではない」と指摘する。主人公は、そんな妻に恐怖を感じる。小説家であれ画家であれ、音楽家であれ、独創性に対する強..

続き読む