ヌリ号から切り離されたKAISTの超小型衛星、地上局との双方向交信に成功

2022/07/04 10:31

▲2日未明、KAISTの地球局がキューブ衛星の信号受信に成功し、関係者が喜んでいる。/KAIST

 韓国の国産宇宙ロケット「ヌリ号」(KSLV-2)によって打ち上げられた韓国科学技術院(KAIST)のキューブ衛星(超小型衛星)が3日、双方向交信に成功した。 キューブ衛星はヌリ号から分離されて軌道に進入した性能検証衛星から2番目に放出された衛星だ。

 科学技術情報通信部とKAISTによると、KAIST地球局とキューブ衛星「ランデブ」(RANDEV)は、3日午後4時10分に双方向交信に成功した。

 そ..

続き読む