韓日外相「日本企業の資産現金化前に徴用問題解決しよう」

2022/07/19 11:11

▲東京の外務省飯倉公館で18日に行われた韓日外相会談で、韓国の朴振(左から2番目)外交部長官と日本の林芳正外相(右から2番目)がテーブルを挟んで座っている。/聯合ニュース

 尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権発足後初となる韓日外相会談が18日、東京で行われた。訪日した朴振(パク・チン)外交部長官は、外務省飯倉公館で林芳正外相に会い、北朝鮮の核・ミサイルによる挑発への一致した対応、徴用被害者問題、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)運用の正常化、ホワイト国リスト(日本の輸出審査優遇国リスト)復帰、日本軍による慰安婦被害者問題など主な懸案について話し合った。その後の晩餐..

続き読む