徴用訴訟に日本の被告企業が「無対応」 口頭弁論開けず=韓国

2022/08/18 17:02

【ソウル聯合ニュース】日本による植民地時代の韓国人徴用被害者に訴えられた日本企業が一審で勝訴しながらも控訴審で無対応を貫き、裁判が空転している。

 ソウル高裁は18日、徴用被害者17人が三菱重工業や住石マテリアルズなど日本企業7社を相手取り損害賠償を求めた訴訟の控訴審の第1回口頭弁論を開こうとしたが、被告側に訴訟記録が送達されていないため弁論期日を延期した。同高裁は、ひとまず10月20日まで待ち、そ..

続き読む