【8月20日付社説】「セウォル号7時間の空白」で無罪確定、疑惑を提起した文政権は謝罪すべき

2022/08/20 08:59

▲写真=金淇春(キム・ギチュン)元青瓦台(韓国大統領府)大統領秘書室長/NEWSIS

 「旅客船セウォル号惨事」関連の報告書の日時などについて国会答弁書に虚偽の記載を行い提出したとして起訴され、一審と二審で有罪となった金淇春(キム・ギチュン)元青瓦台(韓国大統領府)大統領秘書室長に対し、大法院(最高裁判所に相当)は19日、無罪と判断して審理をソウル高裁に差し戻した。朴槿恵(パク・クネ)元大統領に対して関連する報告を随時行ったとする答弁書の内容は事実関係と矛盾がなかったためだ。同じく..

続き読む