【コラム】韓国の「国父」、2人いては駄目なのか

2022/11/27 18:24

民主主義国を樹立した李承晩 統一の努力をやめなかった金九 二人とも「未完の指導者」だったが、二人が韓国をあるべくした

▲1946年、米軍政諮問機関である民主会の昌徳宮会議を終えて、記念撮影を行う李承晩と金九。/写真=大韓民国歴史博物館

 キム・ジンヒョン元科学技術処長官が、最近出版した回顧録でこんなエピソードを紹介した。1993年に金泳三(キム・ヨンサム)大統領が就任した後、青瓦台で一緒にククス(麺料理)を食べながら大統領と会っていたとき、その席で「韓国の現代史論争を正そうと思ったら、白凡・金九(キム・グ)を確実に韓国の正統性として抱えなければならず、李承晩(イ・スンマン)と金九の子孫が和解する様子を見せてやらねばならない」と建..

続き読む