【コラム】「なりたい職業1位=教師」 韓国社会の危機

 教師全盛時代だ。全国の中高生18万人を対象に調査した「進路実態調査」で、中高生の男女共に、教師を「就きたい職業」1位に挙げた。保護者の考えもほぼ同じだ。「子どもにどんな職業に就いてほしいか」という質問に、最も多くの保護者が答えたのが「教師」だった。こうしたことから、なぜ教育大学や大学教育学部に入るのがあれほど大変なのか分かる。多くの中高生が教師を目指しているのだから、その関門を突破するのはますます難しくなっている。小学校教師を養成する教育学部初等教育学科は全国の成績上位の学生が集まっている。中学校教師を養成する教育大学は大学別の「志願可能点数分布表」で常にランキング上位だ。

 教育大学や大学教育学部に合格したら全てOKというわけではない。入学を果たしても、教員採用試験というさらに高いハードルがある。特に中学・高校の教師になるのは至難の業だ。ソウル地域の中学校教員採用試験は昨年、競争率が13倍だった。中でも地理の教員はなんと31倍だ。教育大学を卒業したにもかかわらず、考試院(受験生用の勉強部屋と寝室を兼ねた簡易宿泊施設)などで採用試験に備えている若者は3万-4万人に達するという。

 こうしたプロセスを全て突破して初めて教壇に立てるのだから、実力だけ見れば韓国の教師は世界最高水準といえるだろう。2011年に発表された「マッケンジー報告書」は、韓国の教師たちを経済協力開発機構(OECD)加盟国中で最も優秀な教師集団に挙げた。同報告書は韓国・フィンランド・シンガポールを「教育3大大国」と紹介し「シンガポールは上位30%の人材が教師になり、フィンランドは同20%、韓国は同5%の人材が教壇に立っている」と書いた。国の教育レベルが教師のレベルを上回ることはないという。その前提通りなら、韓国は今、祝杯を挙げるべきだろう。

社会政策部=安晳培(アン・ソクペ)次長
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
あわせて読みたい