李容洙ハルモニ「挺対協に敵討ちして天に行かなければお姉さんたちに話せない」

 6日、慰安婦被害者・李容洙(イ・ヨンス)さんが大邱市中区の「Heeum日本軍慰安婦歴史館」で行われた集まり「大邱慶尚北道日本軍慰安婦被害者追悼の日」に出席し、亡くなった慰安婦被害者たちをたたえ、募った恨(ハン=やるせない思い)を吐露した。李容洙さんはこの集まりで「(若い学生たちが)貯金箱をはたいて持ってきたお金を受け取り、慰安婦を食い物にした挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯=正義連の前身)の行動がすべて明らかになったではないか」「私はついにこの敵を討つだろう」と言った。また、「教育館を作って、成長する青年たちが慰安婦問題の謝罪を受けて、賠償させる主人公たちになるようにする」「これを解決して天に行かなければ、お姉さん(亡くなった慰安婦被害者)たちに話せないだろう」と語った。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲写真=聯合ニュース

right

関連ニュース
あわせて読みたい