朝鮮中央通信「金与正氏が全ての南北通信連絡ラインの完全遮断を指示」

「金与正氏、対南事業の徹底した対敵事業転換を強調」

朝鮮中央通信「金与正氏が全ての南北通信連絡ラインの完全遮断を指示」

 北朝鮮が、南北を結ぶ全ての通信連絡ラインを9日正午から完全に遮断・廃棄すると表明した。

 朝鮮中央通信は「2020年6月9日12時から、北南共同連絡事務所を通して維持してきた北南当局間の通信連絡線、北南軍部間の東西海通信連絡線、北南通信試験連絡線、労働党中央委員会本部庁舎と青瓦台(韓国大統領府)間の直通通信連絡線を完全遮断、廃棄することになる」と報じた。

 同通信は「金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長と金英哲(キム・ヨンチョル)党中央委副委員長が8日、対南事業各部署の事業総和会議で、対南事業を徹底して対敵事業に転換しなければならないという点を強調しつつ、裏切者たちやごみたちが犯した罪の代償を正確に計算するための段階別対敵事業計画を審議し、まず最初に北南間の全ての通信連絡線を完全遮断してしまうことについての指示を下した」と伝えた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 朝鮮中央通信「金与正氏が全ての南北通信連絡ラインの完全遮断を指示」

right

関連ニュース
あわせて読みたい