金元雄光復会長「李承晩は逆賊、白善ヨプは死刑相当」

金元雄光復会長「李承晩は逆賊、白善ヨプは死刑相当」

 光復節75周年記念式(15日)で「李承晩(イ・スンマン)は親日派と結託した」「(韓国国歌・愛国歌の作曲者)安益泰(アン・イクテ)は民族反逆者」などと発言した金元雄(キム・ウォンウン)光復会長=写真=が17日、先月死去した軍人、白善ヨプ(ペク・ソンヨプ)将軍について、「6・25(朝鮮戦争)が起きたその日、白将軍が率いていた陸軍第1師団に現れなかったが、それだけでも死刑相当だ」と発言した。金会長は「李承晩は独立運動の内容で誇張された物があまりに多い」とし、愛国歌については「盗作」疑惑も指摘した。

 金会長は同日、KBS、MBCラジオとのインタビューで、6・25開戦初期の状況に言及し、白将軍が現れなかったため、「軍人は将軍不在でしかたなく(前線を放棄し)逃避した」と述べ、死刑相当だと批判した。金会長は洛東江前線で白将軍が指揮する第1師団が北朝鮮軍の攻勢を防いだ多富洞の戦いについては、「(北朝鮮軍の)核心的戦力は米軍が捕虜を皆殺しにし、(白将軍は)そのまま進軍した」と述べた。「白善ヨプは5個師団の一つだが、過度に自分で功績を美化した。その問題についてはもう一度検討すべきだ」と主張した。

 金会長は同日も李承晩元大統領を「李承晩」と呼び捨てにし、「親日未清算にほぼ99%責任がある」「(韓国は)親日派を1人も清算できない国になったが、その後遺症が今もある」と発言した。金会長は「(李元大統領は)解放後、米国に付いて大統領になり、米国の国家利益を目指した人物だ」とも話した。また、独立運動の方法を巡る対立で申采浩(シン・チェホ)先生が李元大統領について、「李完用(イ・ワンヨン)よりも逆賊だ」と述べていた点にも言及した。

■独立運動めぐり最も多く言及された人物は?

キム・ギョンピル記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 金元雄光復会長「李承晩は逆賊、白善ヨプは死刑相当」

right

あわせて読みたい