【寄稿】反日・従北の民族主義が大韓民国を脅かす

作家の趙廷来氏が親日派問題を再び提起、文政権の反日民族主義を援護
感性的民族主義は愚民家の術策にすぎず、反日・従北は共和制の敵
反日・従北を超え、克日・克北で市民民族主義をリードすべき

【寄稿】反日・従北の民族主義が大韓民国を脅かす

 光復(日本の植民地時代からの解放)75周年が過ぎた今も、反日民族主義は続いている。文在寅(ムン・ジェイン)政権の「官制民族主義」により韓日関係は崖っぷちに立たされた。市民社会は、日本帝国主義の残滓(ざんし)清算を掲げて中学、高校の校歌を変更したのに続き、幼稚園という名称を幼児学校に変えようという動きが盛んだ。政権支持率の絶対兵器である官制民族主義は、民心に根差した反日感情と爆発的な相乗作用を呼び起こしている。反日民族主義を批判すれば、土着の倭寇というレッテルが貼られ、やがて生き埋めにされる。

 「150万人に上る親日派を全て断罪しなければ、この国に未来はない」―「民族文学界の巨匠」趙廷来(チョ・ジョンレ)氏の言葉だ。10月12日に行われた記者懇談会で、同氏は「民族の精気のために反民族特別委員会を復活させ、民族反逆者を処罰すべきだ」と強弁した。趙廷来氏は単なる小説家ではない。彼の『太白山脈』は860万部も売れ、超ベストセラーとなっている。『アリラン』(410万部)と『漢江』(305万部)まで韓国近現代史の大河小説3部作は、実に1600万部も売れた。文学的成就とは別に、これら書籍の天文学的販売数は趙廷来氏の小説が韓国人の心に響くものがあったということを意味している。反日民族主義の政治的再構成こそ成功の秘訣(ひけつ)なのだ。

■文大統領を信頼していない日本人79%、安倍前首相を信頼していない韓国人は?

前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【寄稿】反日・従北の民族主義が大韓民国を脅かす

right

あわせて読みたい