「韓国アニメの地図に誤り」…中国動画サイトから排除

2015年から放送されている『スーパーウイングス』
中国ネットユーザーが数カ月にわたり内容を非難

「韓国アニメの地図に誤り」…中国動画サイトから排除

 中国で放送中の韓国アニメ『出動スーパーウイングス』を巡り、中国の一部ネットユーザーが「中国を冒とくした」と主張し、中国の有名動画プラットフォームから同番組が削除された。香港のサウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)紙が12日に報じた。ネットユーザーらは、番組に出て来る中国の地図が不正確で、秋夕(中秋節)が韓国起源の名節だという印象を与えていると非難していた。

■日本人の文大統領への信頼度、韓国および韓国人への好感度は?

 『出動スーパーウイングス』は、2014年に韓国で放送が始まった子ども向けアニメーションシリーズ。飛行機のキャラクターが世界の子どもたちの問題を解決してあげて、各地の文化を紹介するというのがあらすじだ。中国でも2015年から放送され、人気を集めている。だが最近、数カ月にわたって一部ネットユーザーが内容に不満を提起し、先週から優酷(Youku)、ビリビリ動画など中国の大手オンラインビデオプラットフォームから動画が消えた-とSCMP紙は伝えた。

 中国のネットユーザーは、作品内で使用される地図を問題にした。インドと国境紛争を繰り広げている中国西部、北朝鮮と国境を接している白頭山一帯の中国領が正確に描写されなかったというのだ。だが地図を見ると、アニメ作品の特性上、中国だけでなく他の国々も国境の様子が簡略に表現されている。むしろ中国市場を意識したかのように、中国が南シナ海で領有権を主張する海域に引いた「九段線」が表示されている。

 一部ネットユーザーは、主人公の飛行機が秋夕に合わせて松餅(ソンピョン)の材料を配達する内容についても不満を提起したという。あるネットユーザーは、ソーシャルメディア上で「その場面を見たうちの娘は、中秋節が韓国で始まり、自分たちも松餅を食べないといけないと思っていた」とし、「中秋節と月餅についてしばらく説明した」と書き込んだ。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席は今年1月の電話会談で、今年と来年を韓中文化交流の年と宣言した。だが韓国のTHAAD(高高度ミサイル防衛システム)配備後に始まった中国の限韓令により、中国国内における韓国映画の上映、韓国芸能人の大規模公演は依然として中断された状態だ。

北京=パク・スチャン特派員
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 「韓国アニメの地図に誤り」…中国動画サイトから排除

right

関連ニュース
あわせて読みたい