「裸キムチ」「韓服工程」…積もり積もった反中感情でドラマ打ち切り

制作80%完了の『朝鮮退魔師』
視聴者の反発により第2話で打ち切り

「裸キムチ」「韓服工程」…積もり積もった反中感情でドラマ打ち切り

 朝鮮時代を舞台にしたドラマで中国風の小道具や衣装を使い、視聴者の反発を買ったSBS月火ドラマ『朝鮮退魔師』が2話で打ち切られた。SBSが26日、「地上波放送局としての責任を感じ、『朝鮮退魔師』の放送打ち切りを決定した」と発表した。SBSは全体の80%の撮影を終えている制作会社に放映権料のほとんどを支給したが、視聴者の激しい打ち切り要求に異例なことに白旗を上げた。数十話にもおよぶドラマの特性上、視聴者の反発で放送話数を減らすことはあったが、打ち切るのは初めてだ。サムスン電子・LG生活健康・エースベッドなど大手スポンサー企業がCM撤回の意思を明らかにしたのも廃止決定の重要な理由になった。あるドラマ制作会社関係者は「このドラマが、これまで積もり積もってきた反中感情を爆発させる導火線になった」と話した。

 韓国古代史を自国史の一部として歪曲(わいきょく)した中国の「東北工程」、韓国の終末高高度防衛(THAAD)ミサイル配備後に始まった中国の限韓令(韓流禁止令)などを見てきた人々は「中国は巨大市場と資本を前面に押し出し、Kコンテンツ(韓流コンテンツ)全般で『文化の東北工程』を行っている」と反感を買ってきた。今月14日には、tvNドラマ『ヴィンチェンツォ』で主演俳優ソン・ジュンギさんが中国企業「Zihaiguo」のインスタント・ビビンバを食べる間接広告(PPL)入りシーンがやり玉にあげられた。中国語で「韓国式パオツァイ(包菜=中国語で漬物の意)」と書かれたその食品メーカーの別のビビンバ製品があったことから、「『キムチの元祖はパオツァイ』という中国の見解を代弁しているのではないか」との不満だった。制作会社は「中国製品を見せないようにする」と言って視聴者をなだめた。また、中国のキムチ工場の様子を撮った動画がインターネット上で拡散され、中国に端を発する「キムチ騒動」が起こった。裸の男性が白菜を漬ける姿を見た人々は中国産キムチをボイコットした。非難はCJ第一製糖・大象・プルムウォンなど韓国国内の大手キムチ輸出企業にも飛び火した。韓国キムチを中国で販売する際、「パオツァイ」と表記しているとの理由からだ。

■世界で最も革新的な国は韓国…米国11位、中国は?

イ・ギムン記者 , キム・ユンジュ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 「裸キムチ」「韓服工程」…積もり積もった反中感情でドラマ打ち切り

right

あわせて読みたい