「K注射器」に異物混入、韓国政府が70万本緊急回収

2人分多く接種可能という「最小残余型」50万人接種受けたのに異物発見
政府が「K防疫の快挙」と広報した注射器

「K注射器」に異物混入、韓国政府が70万本緊急回収

 新型コロナワクチン接種用注射器に不具合が生じ、全国の保健所・療養病院などに配布された注射器70万本を韓国政府が回収していたことが16日、分かった。医療機器を製造するA社が供給したこの注射器は、政府が「K防疫の快挙」と広報した「最小残余型(LDS)」注射器の一種だ。A社は当初、120万本を政府に納品し、そのうち50万本は既に接種に使用されたとのことだ。

 本紙の取材を総合すると、該当の注射器の問題が見つかったきっかけは、医療従事者が注射器にワクチンを入れる時、注射器内に繊維のように見える異物を発見したことだった。一部は注射器の目盛りが消えていたり、不正確だったりしたという。

 保健当局は該当異物の有害性の有無を解明しているとのことだ。食品医薬品安全処の関係者は「異物の正確な成分や原因などを調査しているところだ。製造会社を視察し、是正するよう言った」と語った。疾病管理庁側は「注射器の異物による異常反応や被害事例はまだない」としている。

 「異物注射器」の申告が初めてあったのは、国内で新型コロナワクチン接種が始まった翌日の2月27日、慶尚北道地域だった。それ以降、ソウル市、京畿道、釜山市、慶尚南道など全国各地で20件の申告があった。

 これらの申告事例では、接種前に異物が発見されたため、ワクチン接種は行われなかったが、異物を認識できなかった医療従事者がそのまま接種した可能性も排除できないと指摘されている。それについて高麗大学九老病院感染内科のキム・ウジュ教授は「もし異物がワクチンと結合したら抗体形成を妨害し、免疫効果を下げたり、過度の炎症反応や筋肉痛といった副反応を招いたりする恐れがある」と話す。

 野党・国民の力のユン・ジェオク議員の資料によると、疾病管理庁は7月の終わりまでにA社から2750万本、新亜洋行から1250万本と、LDS注射器4000万本の納品を受けるとの契約をしている。このうち、問題があったのはA社の納品分で、今月14日までに122万700本が保健所・療養病院などに供給された状態で、「不具合」が見つかったものだ。新亜洋行が既に納品した384万3200本にはこのような問題はなかった。

■コロナ禍の世界で安全な国3位に韓国、1位は?

チェ・ジェフン記者 , キム・ヨンジュン記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 「K注射器」に異物混入、韓国政府が70万本緊急回収

right

関連ニュース
あわせて読みたい