韓日関係の火消し役に米「白髪の魔女」投入

20年以上にわたり両国関係に関与してきた米国務省のシャーマン副長官
東京を訪問し三カ国次官協議を開催…中国・北朝鮮の脅威に韓米日の協力を強調
2015年には歴史関連で問題発言も

 日本の東京にある外務省飯倉公館で21日午前9時から韓米日三カ国外交次官協議が開催された。韓日関係が最悪の状況にある中、日本の森健良・外務事務次官、韓国外交部(省に相当、以下同じ)の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官を一つの席に呼んだ人物は、今年4月に就任後はじめて東アジア歴訪に乗り出した米国務省のシャーマン副長官(72)だった。韓米日三カ国による協力を重視するバイデン大統領が韓日関係鎮火のために「白髪の魔女」と呼ばれるシャーマン氏を急きょ投入したのだ。

 シャーマン氏は今回の協議で韓日両国の次官に直接・間接に関係改善を求めたという。米国務省はこの日の協議後「規範に基づいた国際秩序を弱体化させ、あるいは不安定にするあらゆる行動に対し、これらに反対することを(シャーマン)副長官と(韓日)両国の外務次官は強調した」と発表した。中国に対してけん制球を投げた形だ。国務省はさらに「シャーマン氏と2人の次官は気候変動、伝染病への対応、経済的弾力性とその回復など、21世紀における世界的挑戦に対処するため三角協力を深化させることを約束した」とも説明した。韓国外交部も三カ国の次官協議について「定期的に会い、三カ国間の緊密な意思疎通を続けることで一致した」とコメントした。

 シャーマン氏が韓米日三角関係に関与を始めたのは20年以上前のことだ。シャーマン氏は1999年5月、クリントン政権の国務省参事官としてソウルと東京を訪問し、韓国の張在龍(チャン・ジェリョン)外交通商部次官補、加藤良三・総合外交政策局長(いずれも当時)らと共に韓米日三者の対北朝鮮政策調整監督会議(TCOG)を開催した。シャーマン氏は対北朝鮮政策調整官への昇進後もTCOGを率い、韓米日三カ国による協力体制の構築に力を入れた。

■韓国が信頼できる国1位は米国、警戒すべき国は?

ワシントン=金真明(キム・ジンミョン)特派員
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【写真】東京の外務省飯倉公館で韓米日外交次官協議を終え共同記者会見に臨んでいる韓国外交部(省に相当)の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)第1次官(中央)、米国務省のシャーマン副長官(右)、日本の森健良・外務省事務次官。21日午前撮影。/聯合ニュース

right

関連ニュース
あわせて読みたい