モデルナ製ワクチン接種、抗体数はファイザーの2倍…ブレークスルー感染の予防率はファイザー以上

モデルナ製ワクチン接種、抗体数はファイザーの2倍…ブレークスルー感染の予防率はファイザー以上

 モデルナ製ワクチンは同じメッセンジャーRNAを使ったファイザー製ワクチンに比べて抗体の数が2倍以上多いとする研究結果が公表された。

 ブルームバーグ通信が31日に報じた内容によると、ベルギーの複数の総合病院に勤務する約2500人の職員を対象に行った研究で、モデルナ製ワクチンを2回接種した職員が保有する抗体数は平均で1ミリリットル当たり2881ユニットだった。これはファイザー製ワクチンを接種したグループ(1ミリリットル当たり1108ユニット)に比べて2倍以上も多い数値だ。

■韓国のワクチン接種完了率はOECD最下位、米国18位、日本は?

 研究チームはワクチンの主要成分である活性成分についても「モデルナの方がファイザーよりも多かった」と報告している。活性成分は人体の免疫力を高める効果があるが、モデルナ製ワクチンの活性成分は100マイクログラムで、これもファイザー(30マイクログラム)に比べて多かった。研究が行われた際、モデルナは4週間隔、ファイザーは3週間隔で接種が行われていた。

 これとは別に先月9日に報告された別の研究によると、モデルナ製ワクチンはファイザーに比べてコロナのブレークスルー感染(接種後の感染)のリスクを2倍も減少させることが分かった。米国の総合病院メイヨー・クリニックの保健システムが今年1月から7月までにワクチンを接種した人を対象に調査を行ったところ、「モデルナ製ワクチン接種者のブレークスルー感染予防率は76%だったが、ファイザーの場合は42%だった」との結果が出たという。

キム・ジャア記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • モデルナ製ワクチン接種、抗体数はファイザーの2倍…ブレークスルー感染の予防率はファイザー以上

right

あわせて読みたい