米国営放送「韓国などの『ファイブ・アイズ』加入は容易でない…秘密漏えい懸念」

 「ファイブ・アイズ」と呼ばれる英米圏5カ国の情報同盟に韓国などを入れるのは、秘密漏えいの懸念などから現実的に見て容易ではない、と米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報道した。

■国力ランキング世界1位は米国、韓国8位…日本は?

 VOAは4日(現地時間)、専門家の話として、「韓国のファイブ・アイズ加入は米国だけでは決められない」と伝えた。米下院軍事委員会が今月2日に議決した国防権限法(NDAA)改正案には、米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドが属する「ファイブ・アイズ」に韓国・日本・インド・ドイツを入れることを検討するよう要求する条項が盛り込まれている。

 米シンクタンク・民主主義防衛財団(FDD)のデビッド・マックスウェル主任研究員は、VOAに対し、「韓国をはじめとするほかの国をファイブ・アイズに追加することは現実的に見て容易ではない」「米国はファイブ・アイズを主導しているが、新たな加盟国を受け入れるには、すべての加盟国が合意なければならない」と述べた。それと共に「ファイブ・アイズは最も敏感な情報や最高レベルの機密等を共有しているため、すべての構成員がこれを保護するには、ほかの構成員たちを信頼しなければならない」とした上で、「韓国が加入の提案を受け入れるかどうかも分からない」「ファイブ・アイズは中国に対抗するための同盟だという認識があるので、韓国が米国と中国のはざまで非常に難しい立場に置かれることになるかもしれない」と語った。

 米シンクタンク・ランド研究所のブルース・ベネット研究員も「(ファイブ・アイズ加入は)共有された情報に対する秘密保持が重要な基準になるだろう」「数年前、韓米連合軍司令部(CFC)内で連合軍司令部が韓国軍と共有した情報の一部が報道機関に流れた事例があった」「米国はそのような情報が報道機関に公に流出することを望まない」「文化が違い、報道機関への流出にあまり気を使わない国々と共有した情報の秘密が保てるのかがカギだ」と述べた。

趙義俊(チョ・ウィジュン)記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい