延世大入試担当者「チョ・グクの息子の願書みたいなものは初めて見た」…「経歴」追加して再提出

延世大学の入試担当者が法廷で証言

 チョ・グク元法相の25歳の息子が、2017年11月に延世大学大学院を志望した際、一般の学生とは違って一旦提出済みの入学願書を後から修正した、という法廷証言が出てきた。当初は書類の経歴欄を空欄のまま提出していたが、崔康旭(チェ・ガンウク)「開かれた民主党」代表の法務法人が虚偽で発給したインターン確認書など「偽スペック」を追加して願書を再提出したという。

 10日、ソウル中央地裁刑事合議21-1部(裁判長:馬晟寧〈マ・サンヨン〉部長判事)の審理で開かれたチョ元法相と妻の鄭慶心(チョン・ギョンシム)教授の子どもの入試不正を巡る裁判で、延世大学の教職員A氏が証人として出廷した。当時入学業務を担当していたA氏は、裁判で「チョ元法相の息子が入試の願書を提出したが、後になって『新しく提出したい』と言い、当時大学側で受理した」と語った。当時の延世大学大学院の入学規定では、一度提出した入学願書は修正できないことになっていた。この日の裁判で検察側が「他の出願者は募集要項に基づいて修正の機会があるかどうかわからなかったのに、公平性に背くのではないか」と尋ねると、A氏は「(検事が)おっしゃる通り」と答えた。チョ元法相の息子の修正願書は出願締め切りの18分前に提出された。

■腐敗認識指数1位はデンマーク&NZ、韓国は33位、米国は?

クォン・スンワン記者 , キム・ミンギ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
あわせて読みたい