民労総の組合員数十人、韓国大手ベーカリー・チェーンの配送トラックの通行を阻んで運転手を集団暴行

深夜に世宗市近くの国道で…運転手「5-6人に殴られアザ」

 全国民主労働組合総連盟(民労総)貨物連帯が、韓国の大手ベーカリー・チェーン「パリ・バゲット」店舗のパンや材料の輸送をしないストライキを実施している中、組合員に代わってパンを輸送していたトラックの運転手が深夜の道路上で組合員たちに集団暴行を受けたという通報があり、警察が捜査に乗り出した。

 トラック運転手Aさんが17日に警察で語った話によると、15日に京畿道平沢市のSPC物流センターでサンドイッチを積み、忠清北道清原郡のパリ・バゲット物流センターに向かっていたAさんのトラックを、午後9時30分ごろ世宗市内の国道(4車線)で、民労総組合員約100人が阻んだ。トラックが止まると、労組員たちはAさんが前を見られないようにトラックのフロントガラスを段ボールで覆った。Aさんは車の窓ガラスを下げて「ダンボールを外してくれ」と大声で言ったが、無駄だった。

 そして、組合員たちはAさんを引きずり下ろし、暴行し始めた。当時の状況について、Aさんは「私の車はマニュアル車だが、下り坂で車を止めた状態でもめ始めたので、ブレーキから足が離れてしまった。車が少し動くと、組合員たちは『おれたちをひいて行こうとした』と言って殴った」と語った。

■2021年世界で最も安全な都市1位はコペンハーゲン、ソウル25位、日本は?

張祥鎮(チャン・サンジン)記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい