「10年使っている携帯番号がドラマ『イカゲーム』で使われ、電話が数千件来た」 苦痛訴える

「10年使っている携帯番号がドラマ『イカゲーム』で使われ、電話が数千件来た」 苦痛訴える

 動画配信サービス「ネットフリックス」で公開されている韓国ドラマ『イカゲーム』で、実際に使用されている個人の携帯電話番号が表示され、被害者が苦痛を訴えている。

【写真】イ・ジョンジェ&パク・ヘスら、信頼できる俳優たち=『イカゲーム』

 被害者のAさんは23日、韓国メディア「マネートゥデイ」とのインタビューで「『イカゲーム』の放映以降、メールや電話が24時間ひっきりなしに来ており、日常生活が困難になるほどだ。10年使い続けている番号がこんなことになってしまい、困っている」として「これまで削除した(着信)電話番号は4000件を超える。昼夜関係なく単なる好奇心で連絡してくるせいで、携帯のバッテリーが3-4時間でなくなってしまう」と話した。

 Aさんは「初めはなぜ連絡が来るのか分からなかったが、知人たちが『イカゲームにあなたの番号が出ている』と教えてくれて気づいた」と説明した。ネットフリックスと制作会社「サイレンピクチャーズ」に何度も連絡したがつながらず、抗議すらできない状態だという。

 『イカゲーム』は、456億ウォン(約43億円)の賞金を懸けてサバイバルに参加した人たちが、勝ち残るために命がけで過酷なゲームに挑戦するストーリーだ。イ・ジョンジェさんとパク・ヘスさんをメーンキャストに、オ・ヨンスさん、ウィ・ハジュンさん、チョン・ホヨンさん、ホ・ソンテさん、アヌパム・トリパティさん、キム・ジュリョンさんらが出演している。ほかにもコン・ユさん、イ・ビョンホンさんなどトップスターが多数出演している。

 『イカゲーム』シーズン1の第1話で、イ・ジョンジェさん演じる主人公ギフンが、コン・ユさん演じる正体不明の男からもらった名刺を見て電話をかけるシーンが出てくる。名刺には「010」を除いた計8桁の数字が書かれている。この番号がAさんの携帯電話の番号だ。

 ネットフリックスの関係者はチョソン・ドットコムの取材に対し「問題の番号の所有者と円満に問題を解決するために努力している」とした上で「連絡がつかなくて抗議さえもできないという被害者の主張は事実ではない」との立場を示した。

キム・ミョンイル記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 「10年使っている携帯番号がドラマ『イカゲーム』で使われ、電話が数千件来た」 苦痛訴える

right

あわせて読みたい