1192億ウォン払って購入したスパコンを「スクラップ」として7920万ウォンで売却した韓国気象庁

権寧世議員「海外では研究用に再利用するか海外に寄付」「対策の検討を」

 韓国気象庁が購入時に総額1192億ウォン(現在のレートで約111億8000万円、以下同じ)を支払ったスーパーコンピューター1-3号機が7920万ウォン(約742万6000円)で売却されていたことが8日までにわかった。1台数百億ウォン(数十億円)のスーパーコンピューターを購入し、その後交換の時期になると性能の低下がないにもかかわらず、慣例として「スクラップ処理」を行っていたという。巨額の税金が投入される高価な物品のため、「交換の時期が過ぎたスーパーコンピューターをリサイクルする方法を検討すべきだ」との指摘が出ている。

 国会環境労働委員会に所属する保守系野党・国民の力の権寧世(クォン・ヨンセ)議員はこの日「各部処(省庁)の資料を分析した結果、気象庁は2000年から昨年までスーパーコンピューター1-3号機の購入に総額1192億ウォンを支払ったが、これを7920万ウォンでスクラップとして売却した」と指摘した。具体的にみると、気象庁は2000年に166億ウォン(約15億6000万円)で購入したスーパーコンピューター1号機を06年に120万ウォン(約11万3000円)でスクラップとして売却した。05年に485億ウォン(約45億5000万円)で購入した2号機、03年に541億ウォン(約50億7000万円)を投じた3号機も同じように処分された。

■世界競争力ランキング1位はシンガポール、韓国23位、日本は?

ノ・ソクチョ記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい