韓国20代の自死、4年間で32%増

韓国の双極性障害患者、20代が最多

 韓国で、20代の青年層による極端な選択が増えている。2016年に比べ20年には32%も急増していることが判明した。

 保守系最大野党「国民の力」の韓茂景(ハン・ムギョン)議員室は3日、最近5年間の警察統計年報を分析したところ、21歳以上30歳以下で極端な選択をした人の数は、2016年の1137人から2020年には1501人と、364人(32.0%)増えていたことを明らかにした。同じ期間に、10歳以上20歳以下では346人から400人へと15.6%増え、10歳未満も0人から5人に増えた。しかし他の年齢層では減少しており、全体の自殺者数は1万3020人から1万2776人に減った。

 30歳以下で極端な選択をした人が全体に占める割合は徐々に高まっている。30歳以下で極端な選択をした人の割合は、2016年の時点では11.4%だったが、18年には11.9%、20年には14.9%に増えた。21歳から30歳までの人の割合も、16年の8.7%から20年には11.7%と、3.0ポイント増加した。

 極端な選択を行った原因としては、精神的問題が最も多く、続いて経済生活問題、肉体的疾病問題の順だった。2020年の例で見ると、精神的問題で極端な選択を行った人の数は4905人と最も多く、経済生活問題は3249人、肉体的疾病問題は2172人だった。

 警察統計年報には、極端な選択の原因に関する年齢層別の分析はない。だが専門家らは、このところ青年層の極端な選択が急増している原因として、主に社会経済的ストレスの増加を挙げている。保健福祉部(省に相当)傘下の韓国生命尊重希望財団の関係者は「青年層の極端な選択急増は、新型コロナの余波でソーシャルディスタンスが強化されたことで、社会的断絶など感情的問題と仕事の減少など経済的問題が複合的に作用したものとみられる」としつつ「貧富の格差が深刻化し、青年層が富を蓄積できる機会も狭まった」「いくら働いても自分の家1軒構えることもできないという相対的剥奪感などが影響を及ぼしたとみることができる」と語った。

 実際、このところ双極性障害(そううつ病)で治療を受ける患者の中で、20代が最も高い比率を占めていることが判明した。国民健康保険公団によると、2020年に双極性障害で診療を受けた患者は11万1731人おり、この数字は2016年(8万2612人)に比べ35.2%(2万9119人)増えている。年齢層別では、20代が2万3479人で最も多く、次いで30代1万8287人、40代1万7762人の順となっている。

アン・ジュンホ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
あわせて読みたい