「なぜ韓服が出てくる?」 北京冬季五輪開会式に韓国ネット民が反発

 「あの服は韓服じゃないか?」「中国の旧正月がなぜ出てくる?」

 2022北京冬季オリンピック開会式に韓服とみられる衣装が登場し、インターネットなどで大きな問題になっている。この日行われた開会式では「中国の正月」を祝う文言もスタジアムを満たした。

【写真】世界を魅了した北京冬季五輪開会式のパフォーマンス

 北京冬季オリンピック開会式が韓国時間の4日夜9時から中国国家体育場で行われた。

 問題となった衣装は中国国旗の五星紅旗が登場する際に中継カメラに映し出された。中国社会各界の代表、勲章あるいは名誉称号の受賞者、56民族の代表などが参加した「小市民の国旗伝達」という場面で韓服とみられる衣装が映ったのだ。白のチョゴリにピンクのチマを着用し、テンギと呼ばれる髪飾りをつけていた。

 またこれに先立ち「中国の正月」という文言がスタジアムを満たした。開会式が始まる際「ハッピー・チャイニーズ・ニュー・イヤー(HAPPY CHINESE NEW YEAR)」という英語がステージに設置された巨大LED画面に映し出されたのだ。

 韓服と陰暦の正月は中国が韓国など他国と対立している問題だ。中国は韓服を「汉服」と呼び「韓族の伝統衣装」と主張している。また韓国、マレーシア、ベトナムなど陰暦を使う複数の国が「陰暦の正月(lunar new year)」を記念しているが、中国は「中国の正月」という言葉に固執している。問題はアップル、テスラ、グーグルなど海外企業の多くがここ数年「チャイニーズ・ニュー・イヤー」という言葉を使っている点だ。

 この問題をめぐって韓国のネットではSNS(会員制交流サイト)やオンライン・コミュニティなどで「事実上の東北工程」「オリンピックまで利用するとは思わなかった」などの不満が相次いでいる。韓国のネットユーザーは今回の開会式が登場するユーチューブ動画を見つけ出しては「韓服は韓国固有の衣装」「伝統を盗むな」などとコメントしている。さらに「中国の正月を英文で表記したのは非常に意図的だろう」などの意見も相次いだ。

 この日の開会式で韓国選手団は参加91カ国のうちポルトガルに続く73番目に入場した。韓国は7種目のうちアイスホッケーを除く6種目に125人の選手団(選手64人、本部役員25人、コロナ対応チーム5人、競技役員31人)を派遣した。

ソン・ジュサン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲中国北京市内の国家体育場で行われた2020北京冬季オリンピック開会式で、中国国旗の五星紅旗が入場する際に韓服とみられる衣装を着た女性が中国少数民族の1人として紹介された。/聯合ニュース

right

あわせて読みたい