韓国NSC 日本の佐渡金山推薦に「国際社会との約束の履行を」 

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は10日、徐薫(ソ・フン)国家安保室長の主宰で国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、日本政府が「佐渡島の金山」(新潟県)の世界文化遺産登録を目指していることに対する対応策などを協議した。

 青瓦台によると委員らは、日本が歴史認識を基に国際社会との約束を忠実に履行することによって韓日関係を未来指向的に発展させていくべきとの認識で一致した。

 同問題を巡っては、文在寅(ムン・ジェイン)大統領がこの日、聯合ニュースと海外通信社による合同の書面インタビューで、「遺憾なこと」との認識を示した。

 ただ日本政府はこの日の定例会見でも同遺産の登録をめざす方針を改めて示した。

 会議ではまた、米ハワイで10日(現地時間)に開かれる韓米日の3カ国の北朝鮮問題担当高官による協議を通じ、韓米が緊密に意思疎通し、北朝鮮との対話再開を今後も推進していくことが確認された。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい