「韓国の一日新規感染者、来月初めに36万人」…死亡者は毎日600人以上の可能性も

 韓国で新型コロナウイルスの一日新規感染者が9万人を突破したことから、今後の感染者の増加に伴う死亡者の急増を懸念する声が高まっている。国家数理科学研究所(数理研)の分析によると、来月初めに一日新規感染者数が最大で36万人に達する可能性があるとのことだ。数理研の予測がこれまで実際の数字とほぼ同じだったことを考えると、オミクロン株の現在の死亡率(0.19%)を当てはめた場合、今後の一日の死亡者数は680人に達することもあり得る状況だ。専門家らは「政府がこの2年間、どのように対処してきたかを示す『防疫成績表』が明らかになり始めた」と話す。

【図】韓国の新型コロナ感染者数 今後どうなる?

 中央防疫対策本部(防対本)によると、16日午前0時時点の新型コロナ一日新規感染者数は9万443人だったという。前日(5万7177人)より約3万人も多い。1週間前の今月8日(3万6719人)と比べると約2.5倍、2週間前の今月1日(1万8343人)と比べると約5倍に達する。これは、数理研が先日発表した分析結果とほぼ同じペースの増加だ。数理研は9日に発表した報告書で、現在の感染拡大ペースが続けば、3月第1週には一日新規感染者数が最大で36万人に達すると予想した。報告書では今月23日に感染者14万人、その1週間後には20万人台になり、3月初めには30万人台に達するとみている。

 この研究分析通り、一日新規感染者が最大で36万人になった場合、(オミクロン株の)死亡率が現在の0.19%台なら、一日の死亡者は680人に達する可能性がある。感染者数に対する死亡者数の割合を示す「死亡率」は昨年12月の最終週以降、4週間平均で0.16%前後だったが、今年1月最終週以降は4週間平均で0.19%に上がっている。疾病管理庁は「60代以上の高齢感染者が増加し、死亡率自体が小幅ながら上昇した」と述べた。重症者や重篤な状態に陥るハイリスク集団が増えているという意味だ。

 事実、最近の感染者急増で入院患者や重症者も増加傾向にある。15日に感染が確認されて入院した患者は1686人で、前日(1199人)より487人増えた。新規入院患者は11日以降、4日連続で減少しているが、15日は増加に転じた。入院患者が増加するにつれて、重症者用病床に入院する人も増えている。新型コロナの重症者用病床使用率は2月の第1週(1月30日-2月5日)の15.8%から第2週(2月6-12日)には18.7%に上がった。さらに、15日には27%まで上昇している。

 同日、病院で治療を受けた重症者313人のうち、60代以上は83%だった。新型コロナによる死亡者は39人に達した。死亡者のほとんどは60代以上のハイリスク群だった。80代以上が25人(64%)で最も多く、以下70代が7人(18%)、60代が3人(7%)だった。京畿道富川市と平沢市、忠清南道論山市、全羅北道全州市、全羅南道務安郡、釜山市など全国各地の高齢者施設や病院で集団感染が発生している。これらの施設は高齢で基礎疾患を持つ人が多いため、重症化の可能性が高い。高齢者施設・病院では最近4週間で合計121件・3841人の感染者が発生している。疾病管理庁の関係者は「オミクロン株は重症度がデルタ株の3分の1から4分の1程度で重症化する割合は低いが、感染者数が全体的に増えれば重症者数も増える可能性がある」と話す。順天郷大学富川病院感染内科のキム・タク教授は「事実上、政府の新型コロナ防疫措置は終了しているので、当分の間は個人が自ら備え、管理しなければならない」と語った。

アン・ヨン記者、チェ・ウォンク記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲16日午後、ソウル市永登浦区の汝矣島公園内にある「文化の庭」臨時選別検査所。新型コロナウイルス迅速抗原検査を受けに来た人々と、自己診断キットを受け取りに来た人々で混雑していた。写真=チャン・リョンソン記者
  • 「韓国の一日新規感染者、来月初めに36万人」…死亡者は毎日600人以上の可能性も

right

あわせて読みたい