女子フィギュア9位の金芸林、新しいニックネーム「将軍」に笑顔

女子フィギュア9位の金芸林、新しいニックネーム「将軍」に笑顔

 合計202.63点で北京冬季五輪フィギュア女子シングル9位になった金芸林(キム・イェリム、19)のニックネームは「将軍」だ。

 15日にショートプログラム(SP)の演技を終えた金芸林は観客席に向かって優雅なしぐさであいさつした。ところが、金芸林はその後、片目を細めて顔をしかめ、肩を揺らしながらたくましく歩くようにしてリンクを降りた。これを見た人々は「優雅なしぐさで演技を終えてあいさつしたのに、迫力満点の歩き方で去って行った」と言い、この姿を取り上げた動画がインターネット上で話題になった。

 17日のフリーを終えてリンクを降りてきた金芸林は、この姿が話題になっていることについて、「フィギュア界では新しい修飾語だと思います」と笑った。そして、「多くの方々から(動画を)送っていただいたんですが、自分で見ても『何であんなことを…』と思いました」「実は、あの場所は最後のジャンプをしたところ。残念だったので、あんな表情になったんだと思います」「サバサバした性格なので、いい方向に受け止めています」と語った。

 金芸林はこの演技の後、採点が出るのを待っている間にスマートフォンで電話をしている姿もカメラにキャッチされた。ほかの選手たちは普通、緊張してコーチの手を握るなどして待っているものだ。だが、金芸林は「(電話やメッセージが)本当にたくさん来ていたので、ちょっとだけ(スマホを)見ました」「(フィギュア男子韓国代表で北京五輪5位だった)車俊煥(チャ・ジュンファン、20)と連絡していました。すると、車俊煥が突然『カメラに写っているよ』と言ってきたのでびっくりしました」と語った。

 金芸林はこの日、劉永(ユ・ヨン、17)=6位=とともに韓国フィギュア史上初の「そろってトップ10入り」を達成した。金芸林は「全般的に満足しています」「残念だった点については次へのステップにしたいです」と語った。

北京=イ・ヨンビン記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 女子フィギュア9位の金芸林、新しいニックネーム「将軍」に笑顔

right

あわせて読みたい