島根県の式典開催を強く糾弾 独島管轄の韓国自治体

【安東聯合ニュース】韓国で独島を管轄する慶尚北道は22日、島根県などが主催する「竹島の日」の式典開催について、「厚顔無恥な蛮行で、強く糾弾する」と批判する知事声明を出した。

 声明は「韓国の領土である独島に対する明白な侵奪行為」として、「日本政府は独島に対する領有権主張と組織的な侵奪を直ちに中断せよ」と警告。「日本政府と島根県は『竹島の日』の条例をはじめ韓日の友好協力関係を妨害するすべての措置を撤廃し、世界平和を脅かす歴史的・国際法的な真実の歪曲(わいきょく)を中断せよ」と求めた。

 慶尚北道議会も日本政府を糾弾する議長声明を出した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい