韓国政府が「竹島の日」式典開催に抗議 廃止求める

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は22日、報道官声明を発表し、島根県がこの日「竹島の日」の式典を開いたことに抗議した。

 外交部は声明で、日本が韓国の独島に対する無駄な挑発を繰り返していることについて強く抗議し、同式典を廃止するよう求めた。また「独島は歴史的、地理的、国際法的に明白なわが国固有の領土であり、日本政府は独島に対する不当な主張を直ちにやめ、謙虚な姿勢で歴史を直視すべきだ」と強調した。

 同部の李相烈(イ・サンリョル)アジア太平洋局長は同日、在韓日本大使館の熊谷直樹総括公使を同部庁舎に呼んで抗議した。

 島根県は2005年、2月22日を竹島の日とする県条例を制定し、06年から毎年式典を開催している。今年も内閣府政務官が出席した。日本政府は13年から政務官を式典に派遣している。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい