韓米同盟は強固 侵攻受けたウクライナと異なる=韓国外相

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は25日の国会外交統一委員会で、米国がロシアのウクライナ侵攻を巡って消極的な姿勢を見せたとの指摘について、「朝鮮半島の安保のための韓米同盟は強固なため、ウクライナの状況と比較する必要はない」と答弁した。

 また、「韓米同盟はわれわれの外交の根源であるだけでなく、われわれはウクライナと違って独自の防衛能力などが相当な水準に達しているため、ウクライナに対する米国の対処について国民は不安がる必要がない」との考えを表明。「韓米同盟は過去の一方的な関係から脱し、互恵的な方向に発展している。そのため、米国のいかなる同盟関係より強固となっている」と強調した。

 米国などがウクライナで軍事行動を取る場合、参加するかどうかに関しては、「われわれの同盟国や友好国がウクライナで軍事的な行動を取る計画はないと表明しており、われわれとしてもそのような可能性は検討していない」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい