【独自】尹錫悦次期大統領「クアッドへの段階的参加を推進…『外交通商部』の復活も検討」

廃止が議論される統一部は維持の方針
尹次期大統領「自由民主主義的な統一の努力は大統領の責務」

【独自】尹錫悦次期大統領「クアッドへの段階的参加を推進…『外交通商部』の復活も検討」

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領と外交・安全保障のブレーンたちが、米国・日本・インド・オーストラリアの4か国による外交・安保の協力体制「クアッド(Quad)」への段階的参加を検討していることが15日までに分かった。クアッドの下で立ち上げられたワクチン・気候変動・先端技術の各分野のワーキンググループに参加して関連各国との接触範囲を広げ、適切な時期に正式参加の手続きを取るという構想だ。

 尹次期大統領側の関係者はこの日、本紙の電話取材に対し「韓国がクアッドにフリーライド(便乗)のような形でいきなり参加することはないだろう」としながらも「インド・太平洋地域の安定と繁栄に対する寄与の範囲を広げ、地域のキープレーヤーとして実質的な役割を果たすことに優先的に取り組むだろう」と述べた。

 尹次期大統領は、加速する米中の派遣争いに効果的に対応するために、2013年に産業部(省に相当、以下同じ)に移した通商機能を再び外交部に戻し、外交通商部として拡大再編することも検討しているという。尹次期大統領はまた、存続か廃止かをめぐって議論が続いていた統一部について、「自由民主主義的な統一に向けた努力は大統領の責務であるため、維持はするが、十分に機能するよう整備したい」との方針も打ち出していることが分かった。

ノ・ソクチョ記者

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
関連フォト
1 / 1

left

  • 【独自】尹錫悦次期大統領「クアッドへの段階的参加を推進…『外交通商部』の復活も検討」

right

あわせて読みたい