韓国カーリング女子 世界選手権で初の決勝進出

【ソウル聯合ニュース】カーリング女子韓国代表は27日(日本時間)、カナダで開かれた世界選手権準決勝で同国を9―6で破った。韓国は2018年平昌冬季五輪で銀メダルを獲得しているが、世界選手権の決勝進出は初めて。

 韓国は平昌五輪時に「メガネ先輩」と呼ばれ人気を博した主将のキム・ウンジョンの冷静なプレーなどで地元の声援を受けるカナダを接戦の末、退けた。韓国がカーリングで世界選手権の決勝に進出するのは男女を通じ初めて。

 決勝の相手は強豪スイス。28日午前8時(日本時間)から金メダルをかけて対戦する。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい