独島領有権主張・歴史歪曲を非難 日本の教科書検定受け=韓国団体

【ソウル聯合ニュース】韓国の独立功労者と遺族でつくる団体「光復会」は30日、日本政府が歴史的事実を歪曲(わいきょく)した高校の教科書を検定で合格させたことについて、「過去の領土侵略の帝国主義的発想から一歩も進んでいないことに深い絶望感を感じる」と非難する声明を出した。

 声明は「『強制動員』や『従軍慰安婦』など明白な植民支配の歴史を修正したほか、不法強制の事実を隠ぺいし、これからの世代に歪曲した歴史を教育しようとする日本政府の態度に憤りを禁じ得ない」と批判。「日本の独島領有権主張と歴史歪曲に対し、国民と共に最後まで対応していく」と強調した。

 来年度から主に高校2年生以上の生徒が使用する教科書では、日本による植民地時代に行われた朝鮮半島出身者の「強制連行」や「従軍慰安婦」という表現が削除された。また、歴史を除く社会の教科書12種には独島を「日本固有の領土」であるとする記述が含まれた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) Chosunonline.com>
関連ニュース
あわせて読みたい